第15回首都圏パナソニックエキスパート店で講演しました。

パナソニックエキスパート工事店とは

以下の選定基準を満たした会社がパナソニックの承認を受けて登録されます。

 

1. 建設業(電気工事業)の許可を持ち電気工事業を営んでいる事

2. 労災及び工事保証保険に加入している事

3. コンプライアンス(法令)遵守が徹底されている事

4. 店舗を構え地域に根ざしている事

5. 高い技術と施工能力を有し、お客様にとって良き相談者であり、誠実な対応が出来る事

パナソニックエキスパート工事店に登録する意味と意義

本日はパナソニック東京汐留ビルで行われましたエキスパート工事店研修会にて講演しました。参加者は、会員、パナソニック社員様併せて約90名弱。

全国で850社登録している地域密着型のエキスパート工事店ならではの活動があります。

日本の向うべきエネルギー制作について

それは、日本の向かうべくエネルギー政策を理解し、地域の皆様に伝えていくこと。いわば宣教師のような役割です。私達が国策を末端から底支えしましょう。という内容で100分間お話させていただきました。真剣に聴いていただきました。

地域で伝えていくという価値観

地域の皆様に伝えていくには、先ずは我々がしっかりと学ばなければなりません。

金額だけではなく、お客様にとって一番最適な提案をしましょう!と。