CO2 排出量削減実績と計画

地球温暖化を止めることが当社のミッション

当社は、2016年から太陽光発電関連事業にシフトしてまいりました。

メガソーラーの建設と運用、法人や個人用の太陽光発電を施工することから、電気自動車を家庭につなげ太陽光で発電した電気を車のバッテリーとして使ったり、電気自動車に貯めた電気で家庭の電気を賄ったすることを推進するなど、主に太陽光発電を活用した再生可能エネルギーでの社会を創っていくことで、CO2を減らし、地球温暖化を止める活動に力を注いでおります。


恒電社のCO2排出量削減の実績と未来予測


※2019年4月現在

KODENグループは、地球温暖化を止めること、すなわち大気中の二酸化炭素CO2を削減することを企業の第一義のミッションとしています。また、2019年以降の未来の予想もしています。

 

太陽光発電を開始した2016年から今日まで、そして今後の開発計画に基づいた発電量予想を計算したC02削減結果をグラフに示しました。

CO2削減量をスギの木が1年間に吸収する量に換算

昨年のCO2削減量をスギが吸収する量に換算すると…

※スギ1本が吸収するCO2の量を1年当たり14kgと想定した場合

CO2削減量を石油削減量に換算

昨年のCO2削減量を石油(一斗缶)の削減量に換算すると…

※約32680KLを一斗缶約19リットルに換算した場合


発電所事業所一覧


すみっこ森のソーラーパーク

発電容量3,458kW

遊佐町太陽光発電所

発電容量1526.0kW

 加美町太陽光発電所

発電容量1843.2kW

 半兵衛太陽光発電所

発電容量306.0kW

❺ 陣見の里ソーラーシェアリング

発電容量6732.6kW

❻ 恒電社東松山発電所

発電容量44.72kW

❼ 御嵩町太陽光発電所

発電容量1,734kW

 塩河太陽光発電所

発電容量1,138.8kW


この実績は、地球温暖化が進むスピードを考えると、微々たるものです。しかし当社の理念に賛同いただく人や企業を少しでも増やして、今後はC02削減の活動が広がっていくことを期待しております。

このページのデータの数値は、太陽光発電協会 表示ガイドライン(平成 30 年度版)に記載の 結晶系シリコン太陽電池のCO2 削減に関する基準に基づいて算出しています。